水の路の物語 水の路の物語

水の路:洛東用水についてもっと知ろう!

トリトン隊長といっしょに探検する前に、ぜひ読んでください。

水の路ができるまで、そして水の路ができてからの物語です。

1水の路とは?水の路とは、洛東用水・谷川用水・東山用水

琵琶湖疏水びわこそすい」は、びわ湖の水を京都へと運んでいます。
その水は飲み水に使われるだけでなく、わたしたちのまち山科と
とても深いかかわりがあるのです。
右上の図は、山科区の地図です。
山科には3つの水路が流れています。これが水の路です。
琵琶湖疏水から山科の田んぼや畑へと水を引くための農業用水路です。
今でも疏水から水を取り、山科の田んぼや畑へと流れています。

2洛東用水について水路にある石碑から洛東用水が完成するまでの苦労を知ろう

音羽地区は、むかしから水不足で悩んでいました。
ですから、明治初期に行われた琵琶湖疏水の開通とそれにつながる
「音羽用水路(洛東用水の一部)」の完成は、とても大きなできごとでした。
音羽用水路は、疏水の取水所から約1,000mにわたって
四ノ宮・音羽地域を流れており、これに
よって音羽地域の人たちは、長年
苦しんできた「水不足」からやっと
救われることになりました。この
農業用水が山科の農地をうるおし、
たくさんのお米や野菜が育まれています。
サイフォンの原理 洛東用水のサイフォン

3山科の農業水の路から水は今も使われているよ!

水の路は、山科の田や畑にたくさんの水を与えてくれています。
その水でみんなが食べる米や野菜が作られているのです。
だからこそ、みんなの力で水の路を守っていきましょう。
未来へとつなぐ水のみち